テニスボールの携帯用保圧容器の作成

IMG_20170905_222607-v480.jpg

テニスボールの携帯用保圧容器を作りました。

テニスボールの入っていたポリ容器を利用しました。
保圧して保管するとボールの寿命が3倍になるそうです。また、使えないほど空気が抜けたボールも3カ月ほど保圧容器の中で養生すると復活するそうなので、長期保圧用の容器も塩ビパイプを利用して作ってみたいと思います。

作業は至って簡単で、掃除口に10mmの穴をあけタイヤの空気を入れるバルブを差し込むだけ。後は廃材のテニスボールの入っていたポリ容器と掃除口を瞬間接着剤で接着するだけです。


2本目のラケットもガット張替えしました。
こちらは、ハイブリッド仕様(縦糸:ナイロン 横糸:ポリエステル)にしてみました。今度の日曜日に使ってみたいと思います。

IMG_20170905_163634-v480.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント