指示無視局に対する考察と対策

BK-100a.jpg

昨年は記念局を運用する機会が度々ありました。
パイルアップの中、指示を無視する局が結構いるのは残念です。
そこでこの指示無視局について考察をしてみたいと思います。

指示を無視する原因は次の4つくらいではないかと思います。
1. 技量が足りない
2. QSB等により急激な感度低下
3. CW解読器等を利用(機械任せ)
4. 故意

2についてはそれほど深刻な問題ではありません。
深刻な順に並べると4→1→3になろうかと思います。

4は問題外で、分かって指示無視しているだけにたちが悪い。
1が結構多いのではないかと思われますが、通信速度に対する受信能力が足りない。自分のコールサインは多少早くても判別できるのですが、その他は全くダメと言う方。もっともっと受信練習をして欲しいものです。
3は符号が3:1の奇麗な場合は解読出来ますがそれ以外は解読できないことが多々あります。この方も自分の耳で聞くように、楽をしていては上達はありません。

対処法を考えてみました。上手くいくかどうかわかりませんが、一度試してみたいと思います。

指示無視者に対する対処法

RSTの代わりに「NO TU」を送る

当然、ログに記入し同一地点では「NO TU」で通す。何度も繰り返される場合は後日苦情の連絡を入れる。(連絡先が分かる場合)。
それでも何度も繰り返される場合はブラックリストに登録し、以後は相手をしない。

パイルアップを捌く方も技量が要求されますが、慣れた方なら1~4のどれに当たるかはカンで分かると思います。何度も繰り返す悪質な場合は上記対応を取っても良いかと思いますが、如何でしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント