和文のリハビリを始めて2カ月経過

BK-100a.jpg

26年のブランクは長いもので、2年掛かって欧文はほぼ現役時代のスピードについていけるようになりました。
和文の受信能力がかなり落ちていたので、昨年末からA1ABreakerを利用してリハビリを開始しました。

毎分65文字から5文字おきにスピードを速めた.wavファイルを作り、スマホに入れて暇なときに聞いていました。
暗記受信では毎分85文字も大丈夫ですが、筆記となると手が追いつきません。
また、ちょっと集中が途切れると5~6文字抜けてしまいます。やはり、欧文同様2年程掛かると思われます。

2カ月で毎分65文字は随分ゆっくりしたスピードに感じられるようになりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まえは できたのに

何事も 普段 やっていないと 能力が どんどん 低下してしまいます。

私も 和文のリハビリをしないと いけません。

あぁ、一総通に憧れます。